腎臓病食にはタンパク質とエネルギー【少しでも摂取できるように食べやすくしている】

お年寄り

タンパク質制限下での三食

医者

タンパク質量がわかる食事

腎臓病になってしまうと食べられるものに制限ができてきてしまいます。顕著なのがタンパク質を減らすということであり、多くの腎臓病においては必要とされる食事療法となります。しかし、それを家庭で実践していくのはしばしば難しいことがあります。全くとらないわけにもいかないものの、制限を越えてしまう可能性も高いことから慎重に一食一食を作っていかなければならないからです。そういった時に役立つのが腎臓病食の宅配です。タンパク質の量を10g程度に減らしたような食事を提供してもらうことができるからであり、それを三食のうちいくつかに取り入れていくことによっておよそ正しい摂取量を保ちやすくすることができるようになります。

三食食べたい需要への対応

腎臓病食はあまりおいしくないと感じる人が多いものの、宅配で腎臓病食を注文すると意外においしいものが多いことに気づくことになります。腎臓病食であってもおいしいのはしっかりと食の専門家が検討を行って食事を作っているからであり、その魅力に駆られて三食全てを宅配の腎臓病食にしたいという需要も高まっています。そのため、今後は三食で適切なエネルギーやタンパク質などを摂取することができるメニューを提供するということが新しいトレンドとして登場することになるでしょう。人によって必要量が異なることから、注文によって適切な三食の組み合わせを提示して提供していくというシステムで宅配が行われていくようになると予想されます。