腎臓病食にはタンパク質とエネルギー【少しでも摂取できるように食べやすくしている】

お年寄り

腎臓の病気の治療法

年長者

腎臓の病気の治療の特徴

腎臓病の治療法は、薬物療法と食事療法が中心である。慢性腎不全など、腎臓の機能が著しく低下している患者に対しては、人工透析が行われる。腎臓病には、慢性腎炎や急性腎炎、ネフローゼ症候群などがあるが、いずれの腎臓病でも食事療法は必ず行われる。腎臓病の食事療法は、塩分が少ない減塩食を食べることが基本になる。腎臓病になるとナトリウムを排泄する機能が低下するため、食事に含まれる塩分の量を減らすことが必要になる。減塩食は普通の料理よりも塩の量が少ないため、味気ないことが特徴である。減塩食はあまり美味しくないので、楽しいはずの食事を楽しめなくなってしまう。減塩食の宅配を行っている業者は、美味しさにもこだわった減塩食の宅配を行っており、美味しい食事を食べながら腎臓病の食事療法をすることができる。

腎臓の病気の治療の今後

腎臓病を患って症状が悪化すると、人工透析を行うことが必要になる。人工透析は長時間かかり、患者の肉体的苦痛や精神的苦痛は相当なものになる。腎臓内科などの医師は、人工透析を受ける患者を減らすために、腎臓病を予防するための啓蒙活動を行っている。腎臓病を予防するには、あまり塩辛い料理を食べないようにするなど、毎日の食事に気を遣うことが必要になる。腎臓病を患っている人は、減塩食を摂取する食事療法で病気の治療を行う。食事療法を行っている患者は、自宅で減塩食を作ることになるが、最近は病食の宅配業者を利用して、減塩食を自宅に届けてもらう人が増えている。病食の宅配サービスはとても便利であるため、減塩食を宅配してもらう人は今後も増えると予想される。